内祝いの相場はどれぐらい?

一般的な内祝いの相場は、もらったお祝いの半額から3分の1ほどの金額とされています。もらったお祝いよりも高価なお返しは、失礼に当たるからです。1万円のお祝いなら、3,000円から5,000円ほどの品を贈ればよいことになります。しかし小学校入学のお祝いに近所の人から鉛筆を1ダースもらったときなどは、この慣例に従ってお返しするのはふさわしくありません。 このような場合には家族旅行へ行ったときにお土産を買ってくるなどすると、相手に気を遣わせることなくお返しをすることができます。町内会の決まりとして、お祝いは出すが内祝いは受け取らないなどというケースもあります。地域によっても異なる慣習が存在することもあるので、内祝いをする前に確認しましょう。

高額なお祝いや値段がわからないときは?

高額なお祝いは、近しい目上の人からもらうことがほとんどです。祖父母や両親などの場合は応援の意味も含まれているため、無理をして高額な内祝いをする必要はありません。金額にとらわれず、親しいからこそわかる相手が喜びそうなお菓子などを直接届けるとよいでしょう。こまめな連絡も喜ばれます。内祝いの金額よりは、むしろ頑張っていることを行動で示すことが適切です。 お祝いの半返しをするといっても、お祝いが品物だった場合には金額がわからないこともあります。ネットなどで品物の価格を調べることはできますが、もらった品物の価格を調べること自体が失礼に当たるという考え方もあります。そのようなときは、1,000円から3,000円程度のものを贈ると相手の負担になりません。