結婚祝いの内祝いを贈るタイミング

親戚や知人などからお祝いをいただいた時には、感謝の気持ちを込めたお返しとして内祝いを贈るのがマナーです。内祝いを贈るタイミングには厳密な決まりはありませんが、あまりに時期が遅くなってしまうと相手に対して失礼にあたります。 例えば、結婚式でご祝儀をいただいた場合には、遅くとも挙式が終わってから1カ月以内に内祝いを贈るようにしましょう。また、結婚式を挙げてない時にも、結婚祝いをいただいてから1カ月以内を目安に、速やかに内祝いを贈るのが適切なタイミングです。万が一、相手の家を直接訪ねて内祝いを手渡す場合は、約束をする際に仏滅や赤口などの縁起の悪い日は避けるようにして、縁起のよい日を選ぶのが無難でしょう。

出産祝いに対する内祝いを贈るタイミング

一方、出産祝いをいただいた時には、赤ちゃんのお宮参りを済ませる生後1カ月から2カ月頃までに内祝いを贈るのがマナーです。出産後は買い物に出かけたり、手配をする時間がなかなか取れないので、スムーズに内祝いを贈ることができるように出産前に準備をしておくと、出産後でも適切なタイミングでお返しをすることができます。万が一、体調が優れないなどのやむを得ない事情でお返しのタイミングが遅くなってしまった時には、お詫びの言葉を添えた丁寧なお礼状を用意したり、事前に連絡を入れておくなどの配慮が必要となります。 また、産後しばらくしてからお祝いをいただいた場合にも、その都度1カ月以内のタイミングで内祝いを贈るようにしましょう。特に、職場の関係者に内祝いを贈る場合には、自分が職場に復帰した後のタイミングにならないよう注意が必要です。