内祝いはどんなときに贈る?

内祝いの「内」とは、「自分の家(うち)」という意味です。内祝いは自分の家でおめでたいことがあったときに、周囲の人に幸せを分けるという意味で贈ります。具体的には結婚や出産のお祝い、快気祝い、新築祝いなどがこれに当たります。子供の入学や卒業、就職などにも内祝いを贈ることができます。
もともとはお祝いの有無にかかわらず祝宴を開いたり贈り物をしたりしていましたが、現在ではお祝いをもらったときのお返しとして贈るものという認識となっています。「お返し」という言葉の代わりに使われているのが「内祝い」です。本来の意味でお祝いをもらっていない人にも内祝いを贈ると、お祝いを催促した形となりかえって失礼になることがあるので注意しましょう。

気持ちが伝わる内祝いの贈り方

内祝いの代表的なものには、「結婚内祝い」があります。披露宴に招待しなかった人からお祝いをもらったときや、披露宴を行わなかったときに贈るお返しです。原則としては、もらったお祝いの半額程度が適当とされています。「出産内祝い」を贈る際に注意したいのが、熨斗(のし)に書く名前です。通常は世帯主の名前で贈りますが、出産内祝いの場合は赤ちゃんの名前で贈ります。「快気祝い」は、入院などをしてお見舞いをもらったときのお返しです。「快気祝い」として贈るのが一般的ですが、「快気内祝い」でも間違いではありません。 結婚や出産などの場合は、お披露目の意味を込めて写真入りのメッセージカードなどをつけるのもよいでしょう。しかし、どんな内祝いも報告する意味が込められているため、できれば訪問して直接渡すとより気持ちが伝わります。