結婚内祝いに付ける熨斗は?

結婚内祝いを贈る際に付ける熨斗には、水引の色が「赤白」または「金銀」で、本数は「10本」、「結び切り」や「真結び」の結び方のものを選ぶようにしましょう。赤白や金銀の水引は、一般にお祝い事で使用される色です。また偶数は縁起が悪い数とされますが、水引の10本という数は5本を2束使うため、両家や夫婦が一つになることを意味し、婚礼関係のお祝い事で使用することができます。さらに結び方は、一度結ぶと簡単には解けない結び方の結び切りなどを使用し、二度目がないことを願います。たとえば、結婚などの婚礼関係や、病気・ケガをした時の入院見舞い・快気祝いなどに使用されることが多いです。婚礼関係は、一度きりのお祝い事という意味を持った熨斗を選ぶようにしましょう。

出産内祝いに付ける熨斗は?

出産内祝いを贈る際に付ける熨斗には、水引の色が「赤白」、本数が「5本」または「7本」で、「蝶結び」や「もろわな結び」、「花結び」の結び方のものを選ぶようにしましょう。赤白の水引は、お祝い事全般で使用することができるので、出産内祝いでも使用することができます。水引の5本は、水引の基本となる本数で祝儀と不祝儀の両方で使用可能です。また、7本も5本と同じく祝儀と不祝儀の両方に使用できますが、5本より丁寧な水引が7本のものになります。さらに結び方は、簡単に解くことができ、何度でも結び直すことができる蝶結びなどを使用します。出産は何度も繰り返してよいお祝い事なのでこのような結び方となります。出産関係は、何度繰り返してもよいお祝い事という意味を持った熨斗を選ぶようにしましょう。